ニュース&トピックス
⚽2月22日(金)Fri 19:30
2019 明治安田生命J1リーグ 第1節 開幕戦🏆
セレッソ大阪 vs. ヴィッセル神戸
2019.02.22 Soccer サッカー Jリーグ

2019j1_0222

 

⚽今季の開幕戦は“関西ダービー”。

注目のスペイン国籍指揮官対決!

 

昨季に続いて2年連続での金曜開幕となるこの試合、

今季から神戸に加入したダビド ビジャのJリーグデビューに、

アンドレス イニエスタと清武 弘嗣のゲームメーク対決、

昨季はC大阪で主将を任され、

チームのシンボルの1人でもあった山口 蛍がクリムゾンレッドのユニフォームをまとって

ヤンマースタジアム長居に足を踏み入れるなど、見どころは多い。

寒さの残る平日のナイトゲームだが、スタジアム全体が熱狂に包まれることは必至だ。

 

⚽2019 明治安田生命J1リーグ 第1節 開幕戦🏆

2019/2/22(金)Fri 19:30キックオフ
セレッソ大阪 vs. ヴィッセル神戸
🏟ヤンマースタジアム長居


2019シーズンが開幕!
ファーストマッチから見どころ満載の対決!

2019シーズンのファーストマッチは、因縁めいた両者の対戦となった。
昨季7位に終わったC大阪は、東京Vからロティーナ新監督を招聘し、再起を図る。
杉本 健勇、山口 蛍ら主力が移籍した一方で、都倉 賢、藤田 直之、奥埜 博亮らを迎え入れ、戦力維持に成功。
東京Ⅴを2年連続で昇格プレーオフに導いたスペイン人指揮官のもとで、組織的なサッカーを標ぼうする。

カギを握るのは柿谷 曜一朗と清武 弘嗣の元日本代表コンビ。このふたりを軸とした攻撃が機能すれば、
優勝争いを展開できるだけのポテンシャルを秘めているだろう。
一方、昨季は10位に留まった神戸は、元スペイン代表FWのダビド ビジャを獲得。
アンドレス イニエスタ、ルーカス ポドルスキを含めたワールドクラスが形成する前線は、
リーグ屈指の破壊力を秘める。
また開幕戦の相手であるC大阪から山口を獲得し、鹿島から西 大伍も迎え入れた。
代表クラスのタレントを補強しており、攻守に隙のない陣容が整った。
その豪華なタレントを、2年目を迎えたリージョ監督がどのようにまとめ上げるのか。
その手腕に大いに注目が集まる。
くしくもスペイン人指揮官対決となった一戦は、山口、藤田にとって古巣との試合ともなる。
見どころ満載の開幕戦は、今季のリーグ戦の行方を占う重要な戦いとなることは間違いない。

今季、昨季まで東京Vを率いて2年連続J1参入(昇格)プレーオフ進出を果たした
ロティーナ監督を新たに迎えたホームのC大阪は、
このオフ、山口、杉本 健勇、山村 和也といった日本代表クラスの主力選手が抜けた。
激震が走ったことは事実だが、新たに加わった選手も実績ある選手ばかり。
FWには札幌から都倉 賢、中盤には神戸から藤田 直之、仙台から奥埜 博亮を獲得。
いずれも昨季の所属クラブで重要な役割を担ったプレーヤーだ。
さらに、ブルーノ メンデス、レアンドロ デサバトといった外国籍選手も獲得。
神戸ほどの派手さはないが、ロティーナ監督の目指すサッカーをしっかりと体現できる選手たちを的確に補強した。
そのロティーナ監督が目指すサッカーだが、始動以降、
指揮官は「ポゼッションとポジション」という言葉を使い、
腹心のイバン パランコヘッドコーチとともにチームに新たなプレーモデルを落とし込んでいる。
ボールを保持し、相手に対して優位なポジションを取り、スペースをうまく使いながらゴールを目指す。
「今まで感覚でやってきた部分を言葉や映像で伝えられ、頭が整理される感じ」と多くの選手が話すように、
プレシーズンからここまで前向きなトライが続けられてきた。
開幕戦となる今節、発展途上ではあるが、その新たなスタイルをどこまで発揮できるか。
もちろん、結果がすべての世界。勝利にこだわる姿勢が前提にあることは言うまでもない。
対する神戸は、昨季途中からフアン マヌエル リージョ監督が就任。
ジョゼップ グアルディオラ監督が師と仰ぐ名将の下、“バルサ化”を推し進めてきた。
そのシンボルでもあるアンドレス イニエスタに加え、
今季から、アンドレス イニエスタとスペイン代表やバルセロナでもともにプレーしたダビド ビジャが加入。
ルーカス ポドルスキも含めた世界的名手たちがどのような連係を披露するかに注目は集まる。
さらに、古巣対戦となる山口、鹿島から加入した西 大伍ら新加入選手のフィット具合も含め、
チームとしての戦いぶりも気になるところだ。
神戸にとっても、今季は悲願の初タイトルやAFCチャンピオンズリーグ出場を目指す、極めて重要な1年となる。

開幕戦特有の硬さや難しさもあるだろう。

それでも、ピッチの至るところで繰り広げられるであろう激しいバトルに胸は高鳴る。

新たな時代に突入した今季のJリーグ。

その始まりとなる、“史上最上級の開幕戦”から目が離せない。