ニュース&トピックス
7月8日(水) 19:00
2020明治安田生命J1リーグ 第3節
サンフレッチェ広島 vs. 大分トリニータ
@エディオンスタジアム広島
2020.07.08 Soccer サッカー Jリーグ

IMG_3843

先週末、約4か月ぶりに再開した明治安田生命J1リーグ。
7月8日の水曜日、中3日で第3節が開催される。

開幕2連勝で首位に立ったサンフレッチェ広島、ホームに大分を迎える。
2試合で6得点と攻撃陣が好調で、無失点の守備も光る。
前節2ゴールを奪ったレアンドロ・ペレイラが再び爆発するか。
一方の大分も前節は鳥栖に2-0と快勝。こちらも2ゴールを奪った田中 達也が注目選手となる。

 

明治安田生命J1リーグ 第3節

サンフレッチェ広島 vs. 大分トリニータ

@エディオンスタジアム広島

 

【スタメン】
GK:大迫、DF:野上、荒木、佐々木
MF:ハイネル、川辺、青山、浅野、ドウグラス、森島
FW:レアンドロ

【SUB】
林、井林、藤井、茶島、柴崎、東、永井

 
IMG_3844
 

試合の見どころ

上々の再スタートだ。約4カ月ぶりの公式戦となった7月4日(土)のリーグ再開初戦・神戸戦はアウェイで3-0の快勝。
「自分たちのボールを持つ時間をもっと増やしたかった」(城福監督)と多くの時間で相手にポゼッションを許したのは反省点だが、攻撃ではセットプレーを含めて効果的に得点を重ね、守備では組織的かつ粘り強い守りでJ屈指のタレント軍団を無失点に抑えた。2月の鹿島とのJ1開幕戦と同じスコアでの勝利はチームにとって再び大きな自信になったのは間違いない。
その神戸戦から中3日で迎える今節は、ホームに大分を迎え撃つ。新型コロナウイルスの影響により、前節に続いてスタジアムに観客のいない“リモートマッチ”での戦い。『エディオンスタジアム広島』では初めての経験とあってどんな雰囲気になるのか想像がつかないが、公式戦の舞台に変わりはない。神戸戦での勝利の勢いを持ってリーグ3連勝を目指すのみだ。
もっとも、大分から勝点3を奪うのは神戸より難しいかもしれない。サンフレッチェの元選手でありコーチも務めた片野坂知宏監督が率いて5年目を迎えた大分の戦術はもはや熟成の域にある。足下の技術に優れたGK高木駿を含めた後方からの巧みなビルドアップでゲームを支配しようとする特異な戦い方であり、取りたくてもなかなか取れない“ボールポゼッション”はJ1でも屈指だ。神戸のようにビッグネームがいるわけでもなく、2-0で勝利した前節・鳥栖戦では先発全員が“日本人”というJ1では珍しい構成だが、それだけ攻守において強いまとまりがある。もともと守備が堅く、さらに今季は前線に川崎Fからフィジカル能力の高い知念慶や昨季までサンフレッチェに所属していた渡大生を獲得して選手層も厚くした印象だ。昨季の対戦成績はリーグ戦こそ1勝1分と勝ち越したが、天皇杯では4回戦で激突しPK戦の末に敗退。通算では五分の戦績であり、「あのチームを崩すのは簡単ではない」(城福監督)と今回も1点を争う難しい戦いになるだろう。
そんなサンフレッチェの勝利のカギになるのは、相手を上回るポゼッション力だ。それこそが自分たちが積み上げてきたスタイルであり、大分のストロングポイントを消すことにもつながる。今季の新たな武器である“ショートカウンター”も相手を押し込んだ時に大きな効力を発揮する攻撃だ。「我々としては、まずは焦れないでボールを動かすこと。もう一つは、奪った後のショートカウンター、そしてセットプレーは勝負のカギになると思っている」(城福監督)。前節・神戸戦で示した堅守を継続し、新たな武器を組み込みながら大分撃破を目指す。

 
original

城福浩監督 試合前日コメント

(現在は公式戦3試合連続無失点だが?)そこはまさに我々が目指しているところ。もちろん、人もボールも動くサッカーを目指したいが、結果を得ながらシフトしていきたいという意味では、理想を追い求めるだけでなく、やはり失点数が少ないのが現実的であり、結果を得ながら成長するプロセスになる。そこはみんなで積み上げてきたチームの共通意識がある。その証として、まだ失点していないのは非常に嬉しいこと。
(前節・神戸戦の守備について)イニエスタらしい素晴らしいパスは1本だけだった。その1本を反省するよりも、それ以外のところでイニエスタらしい本当の想像性あふれるプレーをさせなかったところをしっかり伸ばしていきたい。我々としては、相手には素晴らしい選手も揃っているし、特長はゼロにはできないので、やるべきことをやった上で、最後の最後まで諦めずにどういうポジションを取っているかというところをチームとしてやれれば失点の確率は減ると思っている。
(2試合連続3得点だが?)神戸戦は我慢の時間が続いた前半だったが、まずは我慢しきれたこと。そして、おそらく我々の得点までは相手はペナルティーエリアに入っていない。そういう意味では、奪った後の可能性のあるカウンターを発動できそうな時にCKを取れて点を奪えたのは主導権を握れたキッカケでもあった。セットプレーの重要性もあらためて感じた。試合運びも我々の望むものになった。
(レアンドロ・ペレイラを相手は警戒してくるのでは?)彼に頼ったサッカーをしているわけではない。チームが連動した中で最後は彼がフィニッシャーとして登場している。彼に預けて、彼が一人で何とかしたというシーンはおそらくほとんどない。お互いを生かしながら、レアンドロだけでなく、他の選手も得点を取れるチャンスをもっともっと作っていきたいし、彼はフィニッシャーなので、その場面にもっともっと顔を出せる展開を作っていきたい。
(大分は守備も堅いが?)あまり前から来るというよりは、11人がしっかりと組織だって守る印象を持っている。あのチームを崩すのは簡単ではない。我々としては、まずは焦れないでボールを動かすこと。もう一つは、奪った後のショートカウンター、そしてセットプレーは勝負のカギになると思っている。
大分は2トップで来るかもしれないし、中断期の時にいろいろ試しているという情報もある。どちらで臨んで来ても我々らしく戦うことが大事。相手のやり方をことさら意識することなく、自分たちの神戸戦の課題を含めて、より高いレベルで示すことが大事になる。
 
IMG_3846